トップページへ
基金制度の役割
急速に高齢化が進展していくなかで、年金制度はますます重要な役割を担っていきます。そのなかで、当基金は業界で働く方々の年金給付を行っています。
基金の年金は、国の年金をベースとした「もう一つの年金」
厚生年金基金の大きな特長は、国の厚生年金の一部を預かり、基金が代わって運営、支給しているところにあります。変わらない掛金で国の年金に上乗せして支給します。
基金のある会社に勤めると、「国民年金」、「厚生年金」といった国の年金制度に加えて、退職するまで「厚生年金基金」にも加入します。
国民年金
日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入する年金制度。65歳より、「老齢基礎年金」をうけることができます。
厚生年金
民間企業などに勤める人が加入する年金制度。生年月日に応じて60〜65歳より、「老齢厚生年金」をうけることができます。
厚生年金基金
国の厚生年金にプラスアルファ部分をつけた「基本部分」をうけることができます。